夢で会えるなら

自己満で書いています。ジャニーズ中心だけどあっちこっち。

関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生! をみてきた

 

題名の通りスタ誕見てまいりました。

 

statan.jp

夏休みも終了に近づく8/28 小瀧担のAちゃん(仮名)からLINEがきて、

「明日暇だったら映画見に行こう」とそこにはあって。

夏は舞台挨拶に行って、コンサートに行ってオタク的には充実していたけれど

リアルの友人と遊んでいなく、友達の少なさを実感していたところだったので

課題も残っていましたが承諾しました。

 

今やってる映画といったら、乃木坂ちゃんが関わっているワンダーウーマン

岡田が主演の関ヶ原しかわからなく、調べたらスタ誕があり、多分これだなと

思い聞いてみると案の定。

後で聞いた話ですが、誰でも誘えるような映画でもないし誘う人を迷っていた

みたいです。 Aちゃんと久しぶりに話したかったから承諾したけれど私も関西Jr.の子たち知らない。本当に知らない。

 

顔と名前が一致していたのが、向井康二くんと草間リチャード敬太くん。

あとは最近推されな道枝くんも知っていました。

名前だけわかっていたのが西畑くんと大西くん。

私は何を思っていたのか西畑くんを大西くんだと思っていました。だから友達との

会話が若干かみ合わなかったんだと今気づきました(笑)

 

ジャニーズがメインの映画でさらに知っている人も少ない。そして、私はお笑いがあまり好きではない!(ここが一番不安だった)前もってAちゃんに寝たらごめんねと一応断っておいた。

 

映画前の予告で、「これみたい」とか話せて、今回Aちゃんとは初めて映画を見に行ったけれど見るスタイルがあうかもしれないと思いました。

コンサートとかでも連番が合うタイプと合わないタイプがあるよね!知らんけど!

 

 

 

そして本編が始まり、寝るかと思っていた私ですがところがどっこい。

始まったら「意外とイケるかも…?」と思い、少し経って「これはしんどい」となりました。

簡単にまとめたら、最初は売れていた(売れると期待されていた)2人組がうまい具合に結果が出せなくて、自分たちより売れていなかったトリオがどんどん売れていき遠くなっていき、2人組の片割れ(西畑くん)が「売れたい」という思いが強すぎて最初の「ひとりでも笑ってくれたらええ」という気持ちを忘れてしまい、コンビですれ違いが起きていく。という感じでした。たぶん。 めっちゃざっくり。

 

 

すっごいつらかった。

私はアイドルでも何でもないし本人たちの気持ちはわからないけれど「売れたい」という気持ちが強くなりすぎて初心を忘れて潰れてしまう子たちがたくさんいるんだろうなって勝手に思って。

売れることがすべてではないけれど、売れなきゃ生きていけないもんね…。

 

ストーリーがひたすらしんどくて、こういう苦悩というか、もがき苦しむストーリーが好きで、ジャニーズで言ったらデビュー組とは違うキラキラがあって、部外者だからそう思えるのかもだけど、関西Jr.の子たちはすごく輝いていたからどこかで折れないで輝き続けて彼らの夢が叶うといいなと思いました。

 

オタクのエゴ(私だけかも)だけど、同期や入所、年齢が近い子。過去に共演した子が売れていくのを見ると勝手につらくなって、推しくんも頑張ってるし、魅力がたくさんあるのに。って思っちゃうんですよ。完璧にそんなのはオタクのエゴだし本人には絶対言わないけどね。同事務所の後輩が売れてるの見て私はすごく悲しくて、つらいんだよ、推しくん!!!!

 

 

話がずれた。

けど、関西って応援してる人も本人たちもうまくいかなくてつらいのかなって勝手に思ってます。的外れでしたらごめんなさい。

in大阪みて、みんな頑張っていて元気があって、この子たちには売れてほしいな~って思った子が何人もいるので、2か月に1回とかでいいからin大阪やろう!!!メディア露出少なすぎるよ!!!!

 

 

 

映画はめっちゃよかったです。もう一回見たい。最後らへんの二人の漫才が大号泣でした。

 

終ったあとの第一声が「いじめっ子と掃除道具箱開けた人めっちゃかっこいい」でした。高橋くんと長尾くんです。